留学中のトラブル回避方法

海外留学で一番心配なのは、その国の治安状況だと思います。

正直のところ、治安の実態は国全体を見て判断ができません。

時には人の集まる都市部にトラブル件数が集中したり、人が少ない寒村を訪ねた時にトラブルに巻き込まれることもあります。海外で生活をするにあたり事故や盗難などの被害から身を守るためには、日頃の緊張感や警戒心が必要です。日本ならば街を歩くにもさほどの緊迫感を持つ必要はありませんが、海外では状況を説明するだけの言葉の能力や状況判断の説明が困難だったり、さらにどこ、誰に知らせれば良いかも曖昧な場合、事態の悪化や精神的ダメージが倍増されます。

トラブルに巻き込まれた後のショックで留学を断念するのは非常に残念なことです。

そのためにも、事前にトラブル回避を見込んだ生活を心がけることが大切です。例えば事故や事件に巻き込まれた場合を想定して、地元警察や学校、病院といった機関の連絡先を控えておくことが必要です。

メールでのやり取りができて便利な日常でも、緊急の際は電話での通報、説明が必要になります。


また、入国の際速やかに大使館へ在留届を行っておくと、管轄地域の情報を得ることができます。

地域の雰囲気、通学路付近の様子を把握しておくのもトラブル回避の術となります。

人との関わりから生じるトラブルを恐れるあまり、極度に対人を怖がり、単独行動をしすぎるのも犯罪のターゲットになりやすいものです。

留学の情報が沢山詰まったサイトです。

信頼の置ける友人知人を多く持つこと、彼らと多く交流を持つことで、地元についての把握を得られる上に、地域での自身の認知度が増します。
土地に慣れ親しむことでトラブルから身を守ることもできるのです。

NAVERまとめについて知りたいならこのサイトです。

備えあれば災いなし、というように、起きた時のことを想定した備えとともに安全な留学生活を送りましょう。