仙台で介護職員が看護師に転職する長所と短所について

仙台で介護職員が看護師に転職すると、仕事が似ているので働きやすい、家族が安心してくれるなどが長所です。

仙台で転職した直後は、看護師の仕事をしているとびっくりすると想定されます。前職と仕事の内容が似ているため、驚いてもおかしくないです。特に病棟で患者を見回ったり体調管理をする作業や、事務の仕事はそっくりと言えます。仕事を教わる必要があまりないことから、即戦力として活躍していくことになります。

また、看護師は安定して収入を得られる仕事なため、家族が安心してくれます。15年以上頑張れば家を建てられる際の資金が貯まるため、家を目ざして頑張ってみるのもいいです。短所は仙台の大きい病院には夜勤がある、疲れを感じやすい、夜中の病院は怖いなどです。

介護職員は夜勤で働いた経験がないことから、看護師に転職した直後はきついかもしれないです。仕事に対する心構えや夜勤で働く際の知識などは、先輩の看護師に相談すれば教えてもらえます。深夜に眠気を感じた際は、珈琲の飴を舐めたり、ガムを嚙めば集中力を切らさずに済みます。

あと、疲れを感じた時は仮眠をとるか、栄養ドリンクを売店で購入して飲むと体力回復につながります。立っている機会が多い仕事なため、家に帰ったら足をマッサージするのも悪くないです。また、夜勤の際に霊安室を見回る場合があるので、1人では怖いと感じても不思議ではないです。頭の中で何らかの楽しい出来事を想像すれば、一定の効果が期待できます。

レバテックキャリアについてならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です